婚活で結婚に繋がらない恋愛を回避する方法

婚活の最終目的は恋愛ではなく結婚ですよね?

この目的が曖昧なまま婚活をはじめてしまうと、後々とても苦しく辛い想いをすることになります。

婚活の出会いだからといって恋愛をすっ飛ばして結婚する必要はないですし、多くの方は恋愛のプロセスを経て結婚をしています。

恋愛おおいに結構!なのですが、結婚に繋がる確率が低い相手と恋愛関係になっても意味がないので、今日は婚活で結婚に繋がらない恋愛を回避する方法についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同時進行に罪悪感を持たなくていい&相手も責めない

現代の日本の法律だと既婚者の浮気は罪になりますが、婚姻関係がないもの同士・独身同士の交際には基本的に自由が認められています。

浮気を推奨するつもりは全くありませんが、婚約関係にない結婚していない者同士の恋愛は自由なので、複数の人とデートする程度の同時進行ならば誰にも責められる必要はないと思います。

ただし、知人友人等の紹介での出会いは紹介者への礼儀として、その人との関係性がはっきりするまでは複数進行は避けるべきだし、結婚相談所等のサービスを使っている場合は会社の規則を守って活動すべきです。

でも、合コンやネット婚活など、自分の裁量でパートナー探しができる方法での婚活なら、同時進行を積極的に進めるべきだし、それと同時に相手が同時進行をしていることも当然のこととして認めてあげることが重要です。

「婚活ですから、何人か会うことも大事ですよね。わかります。」という懐の広さを見せた上で、「でも、私はあなたのことがとても気になるので、お返事いただけるまでは他の方に会いません。待ってます。」等と言えたら相手への強いアピールになるでしょう。

(といっても、婚約すらしていない相手への義理立ては無用なので水面下で着々と同時進行は進めて下さい。良心の呵責とか一切必要ないので!)

 

ただ好意をもたれたくらいで浮かれない!チャンスを狭めない!

いいなと思った人との始めてのデートの後に「今日とても楽しかったです。また会えますか?」と2回目のデートのお誘いがきたら嬉しいですよね。

思わず「ルンルン♪」しちゃいますよね♪

でもね、ここで浮かれちゃダメなんです。

 

「嬉しいです。私もまたお会いしたいと思っていました」とニッコリ笑顔で返事(返信)をしつつ、その人以外の人との新たな出会いを広げる努力を続けてください。

たった一人の相手に好意をもたれたくらいで、出会いのチャンスの扉を閉じるのは得策ではありません。

だって、その人は現時点では”好意がある”レベルの赤の他人なんですから。恋人ですらないのです。

 

他人には義理立て無用です。

(ここ、テストに出ますから絶対覚えておいて!)

 

婚活成功の鍵はまず出会いの量(チャンス)を増やすことです。

質は後から必ずついてきます。

まずは出会いの数を増やして、あなたが好意を持てる相手、あなたに好意を持ってくれる相手をどんどん増やしていってください。

結婚前提の交際申し込みでやっとスタートライン

他人に義理立てせずに同時進行で出会いの数を増やしていけば、必ず結果が出る日が来ます。

 

あ、でもね「僕と付き合ってください」って言葉だけで涙浮かべて喜ばないでね。

これだけじゃ50点。合格ラインには届いていません。

あなたが「はい。どうぞ宜しくお願いします」と返事をしていいのは「結婚を前提にお付き合いしてください。半年後には結婚しましょう。」という交際申し込みと同時のプロポーズだけです。

 

ただの交際申し込みに「YES」と言ってしまうのは、「結婚に繋がらない恋愛でもOK!」という返事と同等です。

それ、嫌なんですよね?

結婚に繋がる恋愛をして結婚をしたいんですよね?

 

だったら、結婚前提じゃないただの交際申し込みは毅然とした態度で断ってください。

「私は結婚を前提としたお付き合いをしたいんです。それはプロポーズですか?」と。

結婚の覚悟のない男からのアプローチを毅然と断るためにも同時進行は有効なんです。

 

(私にはこの人しかいない!ラストチャンスかも!)と焦っていたら判断を誤る可能性が高いです。

 

最悪の場合、結婚の意志のないだめんず野郎や結婚詐欺師に引っかかってしまうこともあるでしょう。

 

でも、(交際に繋がる可能性がある人は何人もいる。その中で一番早く結婚前提の交際申し込み(プロポーズ)をしてくれた人と付き合おう。

私はそういう人と結婚したい。)と自分で決めていたら迷いませんよね。

まとめ

まずは、同時進行で婚活を進めて結婚相手となりえる候補が複数いる状態を作る。

そして、一番最初に結婚前提の交際申し込みをしてくれた相手にYESの返事をする。

 

この2つの基本さえ守れたら、結婚に繋がらない無駄な恋愛はかなりの確率で回避できるはずです。

 

交際以前のフリーの状況で何人とデートしても誰にも咎められることはないのだから、堂々といろんな人とのデートを楽しんでください。

 

そして、(私を独占したいなら、結婚しかないのよ。うふふふふ♪)と笑えるくらいの強い気持ちで相手と向き合ってください。

これを実践する上で、一番重要になってくるのは自分自身の強い心です。

 

ガラスのハートじゃダメです。

鋼の心臓になってください。

自分の弱い心を鍛えてください。

 

あなたはどうして婚活をはじめたのですか?

結婚したかったからですよね?

 

今日お伝えした内容は、婚活で早くそして確実に結果を出すための効果的な戦略の一つですから、(結婚したい)という最初の熱い決意が冷めないうちに、ぜひ実践に移していってくださいね!!

 

【注意事項】

結婚を餌に詐欺を仕掛けてくる結婚詐欺師の回避方法はまた別途記事にしますが、これだけは先に伝えておきます。

金貸して・マンション買おう・家族が病気・会社が傾いて資金が必要etc、お金を要求する話が出たら120%結婚詐欺です。気をつけましょう。

記事書きました→結婚したい女性を狙う結婚詐欺師から身を守るルール

婚活方法まとめページへのボタン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も合わせて読みたい

こちらの記事も合わせて読みたい

ABOUT:この記事を書いた人

ABOUT:この記事を書いた人

藤本愛プロフィール画像藤本 愛
バツイチ34歳でネット婚活を開始し、現夫に出会い結婚。婚活期間は3か月、出会いから結婚までも3か月という超スピード婚活の成功体験を元にした婚活ノウハウを執筆中。現在38歳。夫と息子(0歳)と2匹の犬とのんびり暮らしています。