本気の婚活だからこそ言いにくい事は最初に言おう

どうでもいいと思っている人には何でも言えるし、弱みだって見せられる。

でも、好きな人、気になる人には、自分の弱いところを見せられない。

 

これって、よくある”恋愛あるある”だと思うのですが、結婚を視野に入れた活動をしているのではれば、そこは改めた方がいいかもしれません。

 

今日は、婚活の心構えについてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

言いにくい事=コンプレックス

軽めの内容から、ディープな内容まで、

好きな人には知られたくないことってどんなことがあるでしょうか。

・気になる彼のは私より6つ年下。自分の年は言えない!

・本当はアニメ好きの腐女子だけど、彼には絶対に知られたくない!

・家庭環境が複雑で家族とは絶縁してる。彼にどうやって打ち明けよう。

・私25歳だけど、私の両親70歳。しかも父は要介護状態だなんてひかれるよね。

・実は奨学金がまだ300万円残ってる。借金のある女なんて敬遠されちゃうよね。

・女友達が一人もいないなんて、性格に難ありって思われるよね。どうしよう。

 

どうでもいい人には平気で話せる事でも、気になる人や好きな人には絶対に知られたくなくて、超強力ガードで隠してしまうこと、それは自分自身のコンプレックスだったりします。

コンプレックスは自分自身が心で折り合いを付けられていないと、(嫌われたらどうしよう)という恐怖心との相乗効果で、どんどん膨れて大きくなっていってしまいます。

結婚する相手に隠し事はできない、というかしない!

恋人同士なら、全てをさらけ出さなくてもお付き合いが出来ます。

でも、結婚となると話は別です。

自分の全てが知られる事となります。

 

もちろん、隠し通すこともできるとは思うのですが、隠し事がある結婚生活は辛いものがあると思います。

深い心の傷や言いいたくない過去は、無理に共有する必要はないと思います。

 

でも、現在進行形の問題や課題については結婚する相手と共有したほうがいいです。

共有できると生きるのがとってもとってもラクになりますから。

 

私は結婚してから、結婚生活の大きなメリットは夫婦での助け合いや支え合いだなぁ〜と強く実感しました。

まさに「辛い事は半分」なのです。

私の悩みを軽くしてくれる夫には心から感謝しています。

私は自分の経験からも、結婚前の段階の好きな人や気になる人にこそ、弱いところやコンプレックスを隠すのではなくさらけ出すことを推奨しています。

弱みや痛みを打ち明ける事は相性のリトマス試験紙になる

私の婚活は短期決戦でした。

家族の病気という事情が差し迫っていたので、どうしても2013年のうちに結婚をしたかったのです。

 

なので、婚活で出会った相手には初回から家族の病気の事を打ち明けていました。

あからさまに反応をみせないまでも、どんびいているのが伝わってきたり、必要以上に深刻に受け止められてしまったり、人によって反応は様々でした。

 

相手の心の反応が、そのまま私の心に跳ね返ってくるので、暗い反応を示す相手の前では、私自身すごく暗い気持ちになってしまい、泣いてしまう事もありました。

(初対面でいきなり泣くとか重たすぎて相手も迷惑したと思います。その節はすいませんでした。)

でも、こういう反応を返してくる相手だと、辛い事が半分になるどころか辛い事が倍になるって感じで、どちらにとっても良くないなと思いました。

相性がいまいちってこういうことを言うんだろうなと実感しました。

 

逆に・・・

結婚した夫にも、初めて会ったその日に家族の病気の事を話しました。

夫の反応はとてもフラットで自然なものでした。

 

私が感じていた深刻さや大変さをふぅ〜って軽く吹き飛ばしてくれたのを覚えています。

私はその瞬間に(結婚するのはこの人なのかも)と思いました。

 

言いたくない事を言うのは勇気がいりますよね。

でも、”言いたくない事を自然と言わせてくれる”空気感をつくってくれる人は必ずいると思うんです。

 

(あれ?この人にはなんでも言えちゃうな。気持ちが軽くなるな)って思う人が現れたとしたら、その人が”運命の人”である可能性は高いと思います。

相性のリトマス試験紙が◎(二重丸)の人を見つけるためには、まず勇気を出して自分の弱みや痛みを伝えてみる事です。

 

本気の婚活であればあるほど、傷つく事もあると思いますが、自分をさらけ出す事で自分自身の人間的な成長もあります。

真正面から”人対人”として向き合う事で、恋愛要素や結婚の条件に惑わされる事が少なくなり、結婚相手選びの精度があがると思います。

ぜひ頑張って、言いにくい事を気になる人や好きな人に伝えてみてくださいね!

相性のいい人はすぐにわかるはずですから。

まとめ

今日の記事を読んで、(自分の状況や苦しみや大変さを都合よく理解してくれる人なんていないって。そんな簡単じゃないって。)と思った人もいるかもしれません。

 

でもね、言ってみないとわからないものなんですよ。

自分が色々大変な事があったのと同じように、他の人だっていろんな過去や経験をもっているものなんです。

 

そっか、今まで大変だったね。
辛いときは僕が支えるからもっと頼ってね。
これから一緒にがんばろうね。

 

こんな風にあなたの事をしっかりと支えてくれる人を見つけてください。

 

こういう”相性”は年収などの”条件”よりもずっとずっと大切なものですよ。

(※私はそこを重視したおかげで幸せな結婚生活を送れています。参考までに☆)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も合わせて読みたい

こちらの記事も合わせて読みたい

ABOUT:この記事を書いた人

ABOUT:この記事を書いた人

藤本愛プロフィール画像 藤本 愛
バツイチ34歳でネット婚活を開始し、youbride(ユーブライド)で現夫に出会い結婚。婚活期間は3か月、出会いから結婚までも3か月というスピード婚活成功体験を元にした婚活ノウハウを執筆中。現在37歳。夫と2匹の犬とマンション暮らし。