【おうちデートばかりの不満】を彼と二人で解決できる女性になろう!

おうちデートが多くて不満!という女性は多いようですね。

私のサイトへの検索キーワードを見てみると・・・

おうちデート ばかり
おうちデート 不満
おうちデート まんねり
おうちデート 寝てばかり

等のネガティブよりのキーワードが目立っています。

以前、おうちデートが原因で破局しないための5つのルールという記事を書いたのですが、

今日はおうちデートを回避するための一つのアイデアを共有します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おうちデートは信頼の証かも!?悲観的になりすぎないで!

付き合っていきなり

初回からおうちデートってパターンは少ないですよね?

 

付き合いはじめの頃は、外で食事したり、映画をみたり、水族館・美術館・コンサートなどに行ったり、お買い物に行ったり、外で会うことが多いのではないでしょうか?

 

でも、一度おうちデートをすると徐々にその回数が増えていっていきがち。

それは別にめずらしいことではないと思います。

 

二人の距離感が近くなりリラックスできる関係性になったという証拠でもあるのですから、多少不満に思ったとしても、悲観的になりすぎるのはよくないと思います。

”一緒にいて寛げる”ことに最大の価値を見いだす男性からすると、おうちデートが最上級のデートプランってこともありますからね。

 

おうちデートが多くなった原因を話し合おう

カップルの付き合いは対等な方が長続きしますから、もし、おうちデートばかりで嫌!という不満があるのなら、ただイライラをぶつけるようなことはせずに、彼としっかり話し合ってみましょう。

 

「最近、おうちデートが続いてるね〜。」って軽めのトーンでその真意を聞いてみるといいと思います。

「最近、おうちデートばっかり・・・。私のこと好きじゃなくなった!?」等と、疑いの気持ちをぶつけるのは絶対NGなのでやめてくださいね!

一人で勝手に深刻になってもいいことはないですから・・・。

 

男はプライドの生き物。おうちデートが多い理由が金欠とは言えない

おうちデートが多くなる原因の一つに、【外デートのお金が続かない!デート貧乏!】というのもあると思うのですが、これを面と向かって彼女に言える男性は少ないです。

 

20代の若い男性だとお給料がそれほど多くなかったり(※今の時代30代でも40代でも少ないままの人も多いですが)、彼女と年収に差がなかったりもしますよね?

 

そんな状況なのに、デート代は男性持ちor男性多めのパターンだとすると、頻繁にデートするほどに男性側のお金がなくなっていきます・・・。

でも、そんなこと知られたくない!という男のプライドが邪魔して、おうちデートが多くなるっていうのは実際多い話だと思います。

 

恋人止まりの女になるか結婚したい女になるか

付き合っている相手との結婚を想像するのは極めて普通のこと。

 

(彼とは結婚する気はないし恋人として付き合ってるだけ!デートは私の思い通りにならなきゃ嫌なの!彼が金欠でも関係ない。)という突き抜けた考え方の女性は少数派ですよね・・・?

もし、あなたが彼との結婚を夢見ているならば、【おうちデートばかり続いていること】への対応方法は慎重に行って下さい。

この対応が、恋人止まりの女になるか、結婚できる女になるかの分かれ道になるかもしれないですからね。

 

恋人止まりの女

彼の事情も状況も考えることも想像することもせずに「おうちデートばっかりでつまらない!」等と不満ばかり言ってる女は、恋人止まりだと思います。

 

結婚したい女

男性が結婚したいって思うような女性は、彼にばかりデートプランを考えさせたり、デート代を全て負担させるような人ではないです。

 

結婚って生活ですし、二人の正解は二人でつくっていくものですから、不満に思うようなことがあったとしても、それを二人で話し合って解決していく考え方と行動力がある女性が、結婚相手として選ばれる女性だと思います!

 

不満も二人の関係性を強くするエッセンスの一つです。

自立心あるアクションで彼に選ばれる女性になって下さいね!

寒い冬は家でまったりとおうちデートを楽しむカップルも多いです...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も合わせて読みたい

こちらの記事も合わせて読みたい

ABOUT:この記事を書いた人

ABOUT:この記事を書いた人

藤本愛プロフィール画像 藤本 愛
バツイチ34歳でネット婚活を開始し、youbride(ユーブライド)で現夫に出会い結婚。婚活期間は3か月、出会いから結婚までも3か月というスピード婚活成功体験を元にした婚活ノウハウを執筆中。現在37歳。夫と2匹の犬とマンション暮らし。