さよなら!だめんず!『明日へ繋がる決断と行動』が『未来』を創る

「彼とはもう別れたいんだけど…」と何度も人に相談しておきながら、結局別れない人っていませんか?

相談してる方は自分に酔っていて悲劇のヒロイン風なのですが、相談される側からしたら、これって単なる「別れる別れる詐欺」ですよねw

言葉でいくら「別れたい」と言ったところで、実行しないと言う事は結局「別れたくない」ってこと。

今日は、こういう言行不一致を繰り返している人には、いつまでもいい恋愛&結婚は巡ってきませんよ〜!というお話をします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「別れたいんだけど、別れられない」奇妙ないいわけ

だめんずと付き合っていながら、別れられない女が良くいう台詞をいくつかあげてみます。

「○○君の束縛は確かにちょっと度を越えてるけど、束縛が激しいのは私のことを「好き」だからだよ…」

周りの心の声▶︎いやいや、度を超えた束縛は自信のなさのあらわれですw好きだからじゃないよ!

 

「大丈夫!「今度こそ変わるから!信じてくれ」って…○○君、泣きながら言ってくれたし、本当に本当に今度こそ、絶対に変わってくれると思うから!もう一回だけ信じてみようと思う。これが最後だよ」

周りの心の声▶︎その話聞くの10回目なんですけど!その男、変わる変わる詐欺じゃん!全然変わってないじゃんw

 

「別れたいんだけど。う〜ん。」

周りの心の声▶︎やっぱり、別れる気はないようだね?もうほっとこ。

 

 

親切、おせっかい、思った事を隠しておけない性格の人は、心の声をそのまま伝えてくれますが、たいていの場合、本人には全く響かないですw

それどころか、心の声を伝えたら「ひどい!彼の事何もわかってないくせに!」的な逆切れをされることもあるので、多くの人は何も言わずに生暖かい目で見守っています。

なので、自分で自分の恋愛関係のおかしさに気づいて変わらない限り、永遠だめんずとダメ恋愛を繰り返す事になります。

それ、嫌じゃない???

嫌だったら気づこうよ。変わろうよ!

 

別れたい理由と別れたくない理由に真剣に向き合おう

別れたい理由がどんなに沢山あっても、それ以上に別れたくない(別れられない)理由があるとき、人は別れることを選びません。

「別れたい」と言いながら別れない人は、別れることを、心の奥底では望んでいないんですよね。

別 れ る こ と を 心 の 奥 底 で は 望 ん で い な か っ た!

↑ ここがポイントですよ ↑

 

「別れたい」って言ってるのに、別れないカップル(夫婦)は

【 別れたい理由 < 別れたくない理由 = 別れない 】

100%この式が成り立っています。

 

別れたい理由・別れたくない理由は人それぞれ違うと思いますが、

・別れたい理由(どうして別れたいのか?)

・別れたくない理由(どうして別れたくないのか?)

この二つを自分の心に問い、真剣に見つめなおすことが大事。

特に、別れたくない理由の中に、自分の弱いところ、逃げたいと思っていることが隠されているので、ここをしっかり掘り起こしましょう。

 

例えば、

別れたい理由=束縛が激しすぎる

別れたくない理由=一人になりたくない

だったとしたら、一人でも穏やかな心でいられる精神的自立が必要だということがわかります。

 

 

未来を変えるのは今!今すぐ行動しよう!

どんな決断でも自分自身で決めないと、今いるところからは絶対に踏み出せません。

 

別れたいなら、今すぐさっさと別れましょう。

心を強く持って、自分の素直な心のままに動きましょう。

 

あなた自身が、(今の状況・現実を変えたい!)と思っているなら絶対に変えられます!

あなたの『現実』を変えられるのは、あなた自身。

だめんずとダラダラ付き合ってても何もいい事ありませんよ〜!

 

自分自身の決断に自信と責任を持って、未来に向かって行動し始めたときから人生は素敵に創造されていきます。

過去は過去。もう関係ない。

弱い自分にもさようならしましょう。

 

未来は『今』の積み重ねでできている!

 

『明日へ繋がる決断と行動』で最高に素敵な未来を作っていきましょう!

婚活方法まとめページへのボタン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も合わせて読みたい

こちらの記事も合わせて読みたい

ABOUT:この記事を書いた人

ABOUT:この記事を書いた人

藤本愛プロフィール画像藤本 愛
バツイチ34歳でネット婚活を開始し、現夫に出会い結婚。婚活期間は3か月、出会いから結婚までも3か月という超スピード婚活の成功体験を元にした婚活ノウハウを執筆中。現在38歳。夫と息子(0歳)と2匹の犬とのんびり暮らしています。