「誰かいい人いない?」と新しい出会いを求める前に振り返りたいこと

「出会いがない」という嘆きとのあわせ技で、よく使われる言葉があります。

それは・・・「誰かいい人いない?」です。

 

<会話例>

「久しぶり。最近どうよ!?」

「ハァ〜。最近まったく出会いがないんだよね〜。・・・誰かいい人いない?」

 

このセリフ、本当によく聞きますが、実はこの言葉を使うときに、少しだけ立ち止まって考えてみてほしいことがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『いい人』を紹介してくれるのは誰ですか?

『いい人』とのご縁を運んできてくれるのは、あなたが「誰かいい人いない?」と、直接聞いた人+その周囲の人達です。

もし、自分の周りにいる人達が、待てど暮らせど誰もいい人を紹介してくれないとしたら…(いい人はいるけど、お前には紹介したくない!紹介できない!)と思っている可能性があるかもしれません!

あなたは、自分の周りにいる人達を大切にしていますか?

その人達との関係はうまくいっていますか?

 

『新しい出会い』を探す前に周りの人との付き合い方を振り返ろう

『誰かいい人いない?』と、次々と新しい出会いを探す前に、今現在、つながりのある人たちとの関係を見つめ直してみましょう。

 

自分が困ったときだけ頼っていませんか?

相手が困っているは知らん顔してませんでしたか?

自分の都合、感情優先で、相手を大切な人として扱う事を忘れていませんでしたか?

もし、少しでも思い当たる節があるなら要注意です。

 

今現在、付き合いのある周囲の人達を大切にできない人に、自分の大切な友人や知人である『いい人』を紹介してくれる人がいるでしょうか?

きっと、いないですよね・・・?

 

まずは、身近な人間関係の中で、自分の行動を正していくことが、良い紹介を引き寄せるために出来る事だと思います。

そんな【当たり前】のことを【当たり前】に継続していくことが、あなたに素敵な出会いを運んでくる揺るぎない土台になりますよ!

 

『いい人』を紹介してもらいたい人は、こちらの記事も合わせてお読み下さい!

▶︎結婚したい意思は周りに伝えよう。紹介される自分になろう!求めよ、さらば与えられん!

▶︎教えます!知人や友人に恋愛相手を紹介してもらう年齢の壁の超え方

▶︎30代・40代になっても良いご縁を引き寄せる人の考え方

婚活方法まとめページへのボタン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も合わせて読みたい

こちらの記事も合わせて読みたい

ABOUT:この記事を書いた人

ABOUT:この記事を書いた人

藤本愛プロフィール画像藤本 愛
バツイチ34歳でネット婚活を開始し、現夫に出会い結婚。婚活期間は3か月、出会いから結婚までも3か月という超スピード婚活の成功体験を元にした婚活ノウハウを執筆中。現在38歳。夫と息子(0歳)と2匹の犬とのんびり暮らしています。